アイプチの普及で、一重から二重の変化=プチ整形というイメージが薄れてきました。

MENU

目の整形・プチ整形について

顔のパーツの中でも一番重要なのが目です。
目の整形は次の種類があります。

 

  • 切らない二重手術(埋没法)
  • 切る二重手術(切開法)
  • 目元形成
  • 眼瞼下垂
  • 目元のたるみ取り
  • デカ目手術

 

プチ整形の定番で、もっとも需要が多いのは二重手術です。
最近では切らない手術の技術も向上していて、費用は切らない手術で5千円~、切る手術は3万円~10万円が相場です。

 

 

一重のデメリット

目つきが悪く、小さい目に見られるほか、化粧がやりにくく、化粧栄えがしにくいデメリットがあります。
二重のデメリットはほとんどありません。
あえて理由付けするなら寝不足の日の朝に腫れぼったくなってしまうことくらいです。

 

アイプチをして手術をせずに一重から二重にすることもできますが、毎日の手間とコストがかかりますし、手術をした二重に比べると綺麗なパッチリ二重にはなりません。

 

 

整形だとバレにくい

目は重要なパーツなので毎日顔を合わせている人であれば一重から二重になると変化に気付きます。
しかし、アイプチの普及によって一重から二重の変化=プチ整形というイメージが薄れてきました。整形後、毎日二重の状態を維持できると周囲ももともとが一重だったことを忘れてしまいます。
さらに、二重手術程度のプチ整形であれば、たとえカミングアウトしても周囲の反応はそれほど悪くありません。

 

目の整形イメージ

二重手術ではなく、もっと大掛かりな整形をしてもメイクで目元の印象が変わるので整形だと気付かれないことも多いです。
日常的にスッピンで過ごす方は例外ですが、整形した直後は少し濃い目の化粧に変えるなど顔全体の印象に変化をつければ整形した部分の印象が薄れて、時間が経過すればナチュラルメイクでも違和感がなくなります。

 

整形だけではなくメイクも重要

目元は化粧で印象が変わります。二重になっただけでメイクの内容が悪いと印象はあまりよくなりません。
メイクアップビューティーで二重を活かした化粧をすれば、一重ではどれだけ頑張ってもたどり着けなかった領域に行くことができます。
一重と二重でメイク術も変わってくるので、整形したら終わりではなく、化粧スキルの向上にも努めましょう。
二重手術をするだけで、目が大きくなると勘違いする方もいますが、目の大きさは変わりません。
ただし、二重であればメイクで大きく見せることが簡単になります。

 

老化でごまかせなくなる前に対処する

二重手術以外の目の整形は老化で化粧によるごまかしができなくなってから検討する方もいます。
それでも相応の効果は期待できますが、なるべく老化が進む前に事前に持っているコンプレックスは早めに対処してしまった方がよいでしょう。
目の形やたるみができやすいなど体質的な問題はエステなどで完璧に改善することはできません。
周囲にバレずに整形する意味を含めても、コンプレックスは早めに解消してしまった方がメリットが大きいです。