プロのエステは血流を促進するので、顔に無駄な肉やたるみが発生しにくくなります。

MENU

小顔矯正について

小顔矯正は次の方法があります。

 

  • リンパマッサージ(美容エステ)
  • 整体マッサージ(頭蓋骨の歪みを取る)
  • セルフマッサージ、顔の体操

 

顔を小さくするには、むくみや年齢とともにたるんだお肉を引き締めることが必要です。
リンパマッサージはむくみを取ることに特化していて、整体マッサージは年齢とともにゆがむ頭蓋骨を端正して、むくみやタルミができにくい身体へと改善させます。
エステに行かなくても、お風呂や寝る前などに自分で顔をマッサージしたり、顔の体操をしていけば顔のたるみやムクミを解消して一定の効果を期待できます。

 

ただし、自分自身で行う小顔端正は時間がかかり、毎日継続して行う必要があります。
チャレンジしても、忙しかったり遊びで帰宅が遅れて、毎日継続できず、そのまま頻度が減ってリタイヤしてしまう方が多いです。

 

 

プロのエステとセルフマッサージの違い

プロのエステは脂肪を押しつぶして即効性を出すとともに血流を良くして、無駄な肉やたるみが発生しにくい身体へ変えてくれます。1回のみの利用でも効果を実感できますし、その後も美意識を忘れずに最低限のケアをしていけば効果が長続きします。

 

セルフマッサージは筋トレのようなものです。
毎日継続して行えば肌が引き締まり小顔へと変えていってくれます。
一度筋肉がつくと代謝も良くなって小顔を維持するのも簡単です。

 

ただし、筋トレと同じで一度体質を改善させても、その後継続できなければ、時間とともに元通りになってしまいます。

 

両立が理想

顔のエステイメージ画像

プロのエステとセルフマッサージや顔の体操を両立させると効果と持続性が高まります。
小顔矯正サロンに行けば、適切なセルフケアの方法も指導してもらえます。
マッサージや顔の体操にはたくさんの種類があり、人それぞれ顔の状態によって必要なケアや対策が異なります。
ネットで情報収集してケアをすると情報が多すぎて、結局多くの方法を継続することができず、効果を実感する前に辞めてしまう方が多いです。

 

セルフケアを中心に対処したいという方も最初の1回目だけはプロのエステを受けるとともに、マッサージや体操方法のアドバイスをもらっておくとよいでしょう。

 

メリットがたくさんある

小顔矯正はただ顔を小さくするだけではありません。
むくみを取って血行の良いハリのある肌になるので、シワが取れたりできにくい体質へと変化をして、艶があってメイクのノリもよくなります。
アンチエイジング効果もあるので、若々しい見た目を手に入れることもできます。
小顔に見せるだけであればメイクや髪型でも効果はありますが、小顔矯正すれば女性が理想とする肌に近づくことで、より美しい顔を手に入れられます。

 

理想的なエステ通いの頻度

利用する手法やコースにもよりますが、顔のゆがみはクセが付いているので一回だけの利用では時間とともに元に戻ってしまうリスクが高いです。

 

理想的な方法は最初のうちは2週間に1回ほど通い、歪みの取れた適切な状態が維持できるように変化してきたら1ヶ月~2ヶ月に1回にペースを落として、最終的にはセルフケアだけで相当期間をカバーできるようになります。

 

エステシャンや整体師ともよく相談しながら、予算と時間が許すのであれば、安定するまで小まめに通うようにしましょう。