ハイライト、チークをうまく活用して立体感を出すことが小顔メイクの基本です。

MENU

メイクでコンプレックスを解消

顔のコンプレックスはメイクで解消できます。代表的な手法をまとめました。

 

目のメイクテクニック

 

一重

アイプチやメザイク、アイテープなど簡易的に二重にする方法が定番です。
毎日行えば癖が付いて二重に変わることもありますが、やり方が悪いと綺麗な二重にはならないケースもあります。
純粋なメイクだけでも、ダブルラインを描いて二重に見せる方法があります。
奥二重に適した方法で、メイクによってパッチリ二重に変身できます。

 

小さい目を大きくする
  1. ライン
  2. アイシャドー
  3. 涙袋を作る
  4. マスカラ

の4つのステップを行うことで目を大きく見せられます。

 

マスカラを塗る女性

メイクで目が大きく見える原理は白目と黒目の錯覚によるものです。
もともとの眼球の大きさや目の形によってアイラインやマツ毛のボリュームをコントロールするとよいでしょう。
ファンデーションを外側に向けてぬるなど目だけではなく顔の上部全体のメイクも重要です。
顔の輪郭やパーツによってバランスを良く見せることがポイントです。
メイクではないですがカラーコンタクトを付けるのも効果的です。

 

 

顔やパーツを小さく見せる

 

顔全体を小さく見せる

定番はシェーディングで顔の輪郭に影をつけていきます。
顔の中央と外側に明るさの違いをつけると立体的で小さく見せられます。
ほかにもハイライト、チークをうまく活用して立体感を出すことが小顔メイクの基本です。
色の明るさに強弱をつけるにはベースメイク作りがカギになります。手間をかける人は何層にもグラデーションを作って中心より外側に行くにつれて深い色の影を作っています。
また、目や鼻、頬などのパーツにアクセントをつけることも大切です。

 

鼻を小さく見せる

パウダーファンデーションを使ってマットに仕上げるだけのワンステップで鼻を一回り小さく見せられます。
横の広がりが気になる場合は小鼻に影を入れてあげましょう。

 

アゴを短く見せる

アゴは骨格に関係する部分で整形で治そうとすると大掛かりになります。
メイクでも難易度は高いのですが、短く見せることは可能です。
ハイライトを目の周りに入れて、チークは横にぼかすように塗りましょう。
シェーディングはアゴとおでこに入れて、縦長に見せないために頬には入れないことが重要です。
リップはベージュなどナチュラル系にして顔の下半分は強調させないようにしましょう。
メイクだけではなく髪型や服装も併用して、なるべく顔や身体全体を横に広げるように心がけましょう。