整形で自信がついたことで、人生が変わることがあると実感しました。

MENU

コンプレックス解消した人の体験談(目の整形)

 

投稿者

22歳女性学生

 

性別:女性
年齢:22歳
職業:学生
内容:美容クリニックでの二重手術

 

 

 

目のコンプレックスを解消するため、二重整形に挑戦しました。
就職活動が始まる前のタイミングで行い、履歴書に貼る写真を手術後にすることで、新しい職場から整形疑惑をかけられることはないと思いました。
高校生のころから整形手術に興味がありましたが、美容整形は個人的な偏見からの抵抗もあり、決断できないまま大学4年生になってしまいました。
学生から社会人で変わるタイミングは、自分を変える最大のチャンスで今を逃したら機会を失うと思い、決心をつけることができました。

 

手術内容は埋没法の4点止めを利用しました。料金は約10万円で流行している平行二重にデザインしてもらいました。
当初はどうせやるなら失敗リスクが少なくて綺麗な切開法を検討していましたが、症例写真や医師からの説明で埋没法でも止める点数を増やせば綺麗にデザインできることが分かりました。
長年のコンプレックスだったので、大学に入ってからは切開法の予算30万円を目標にバイトしてきました。
結果的にメスを使わずに安い料金で綺麗な二重になったので、とても満足しています。

 

これまではアイプチなどで二重に見せることもしてきましたが、整形で綺麗な二重まぶたになるとメイクの幅が大幅に変わって、目力が一気に高まりました。
極端に印象が変わるので、仲の良い友人には「整形した?」と突っ込まれてしまいました。
学生生活は目立たずナチュラルメイクで乗り切って、新社会人になったら本気メイクで生まれ変わろうと思っています。

 

 

自信がついて就活も成功

目の形に自信がなくて、人の目を見て話をするのは、相手から悪く思われているのではないかと被害妄想を抱いてしまい、面接を苦手にしていました。
ちゃんとした面接は前髪で目をごまかすこともできないので、目の印象を重視されそうな気がしていたので、初対面の面接官と目が合っただけで萎縮していました。

 

バイトの面接でも落とされることがあった中で。整形によるコンプレックス解消で自信を持って面接官の目を見ながら話ができるようになりました。
小さい顔のパーツ一が1つ変化しただけでも、コンプレックスが解消されると自分が変わったことを実感できました。

 

結果的にダメ元で受けた離職率の低い大企業から内定をもらうことができました。
目の整形をしていなかったら、同じ結果にはなっていなかったと思います。
整形で人生が変わることがあると言いますが、私は仕事の面で確実に人生が変わったと思います。

 

目はアイプチや成長などで自然に二重に変わる人もいるので、過去の写真を見られても整形は隠し通せるのではないかと思っています。
人と目を見て話をするのが得意になったので、社会人になったら仕事も遊びも今まで以上にアクティブになりたいと思っています。
埋没法はプチ整形と呼ばれる内容ですが、止める点数次第ではデザイン性が高いので目のコンプレックスに悩んでいる人におすすめです。

 

目の整形・プチ整形