顔型を卵型になるようにひし型シルエットを意識すると、小顔効果を期待できます。

MENU

髪型でコンプレックス解消

髪型では丸顔、面長、アゴやエラが出ているなど輪郭のコンプレックスを目立たなくさせることもできます。
用途別にオススメの髪型コーデ術をまとめました。

 

丸顔

コンプレックスで多い輪郭ですが、髪型は選択肢が広くポイントさえおさえればショートとロングのどちらでも小顔に見せられます。重要になるのは前髪でパッツンやワイドバングはNGです。

 

丸顔イメージ

横に広がる印象を与えないように、長めに前髪を残して分け目を作ってあげるとよいでしょう。適度な前髪のボリュームが必要で、髪質によってはパーマも効果的です。
厚さや奥行きを出しすぎず適度なボリュームでブレーキをかけるのも大切です。

 

頬骨が気になる場合は髪の毛で隠して、毛先にかけて軽めにしてシャープな感じにします。
もう一つ重要なのはボリュームです。
全体的にボリュームがあると横に広がる印象が強調されますし、軽すぎても顔の輪郭が引き立ってしまいます。
頬から下の部分でボリュームを出すのが理想的な小顔テクニックです。

 

面長

縦に長い場合は、髪の毛の量は少なめで適度なパーマやウェーブでサイドにボリュームを出してください。
アゴから下にかけてパーマやウェーブでアクセントを出す髪型も人気です。
前髪は横にそろえて、パッツンにしたくない場合は眉毛や目の位置で揃えて横のラインを強く意識しましょう。
長すぎる前髪はNGです。

 

小顔の定番、ひし型シルエット

さまざまな輪郭コンプレックスに使えるテクニックです。
髪型は丸や楕円、四角ではなくトップのボリュームを押さえて横に広げてアゴ周りをスッキリさせると高い小顔効果を期待できます。
耳の少し上くらいにボリュームを出すと丸顔やエラが出ている顔との愛称が良いです。
顔の輪郭に応じてサイドのトップにあたる部分を調整すれば、ほぼ全ての輪郭に使えます。

 

小顔にするならカラーは黒め

伸縮法によって小顔に見せる効果が高いのは暗めのカラーで、極論を言えば黒がもっとも効果的です。
黒系は引き締めてみせる効果があるので、顔全体をコンパクトに見せます。
髪の毛が明るすぎると膨張効果が出て顔全体が大きく見られるので注意しましょう。

 

ただし明るい色でも髪型と輪郭が合っていれば問題ありません。
ずっと黒髪を貫くのも嫌という方は、ダークブラウンなど黒めのカラーにするとよいでしょう。
暗めの髪の毛に服は白系の膨張効果がある色で合わせると、顔を小さく見せれる色の錯覚効果がより高くなります。

 

また、メイクでコンプレックスを解消することもおすすめです。